シュミダス

【楽しい事】【おもしろい事】発見ブログ

*

三田市三輪の旧道

      2016/02/20   あとで読む

 - あなたの知らない三田市の歴史 , , , , , ,

この記事の所要時間: 113

三輪神社の東側の道

スポンサーリンク

三輪の旧道(1)

三輪神社の東側の道を上がってゆくと、上野の三叉路に着く。ここには、たくさんの石碑がある。そのうち3本を紹介する。

一つ目は、「左ささやま南無阿弥陀仏右かめやま」と刻んであり、年号は分からない。

二つ目は、「左 花山院 右 妙見 三津ヶ関保兵衛」と刻んであり、年号は分からない。

三つ目は「左 もうしささやまみち 右 のせぎんざんみち」と刻んであり、これも年号は分からない。 またゴルフ場の辺りにも「花山院道」と刻まれている道しるべがあるそうである。自動車学院の前や神姫バスの虫尾バス停あたりにも花山院への道しるべがあるそうである。三輪神社の石垣下にある道しるべが元治2年(1865年)であるから道しるべをたどっていけば、花山院へ行くことができるのだろう。
 
この三叉路をまっすぐ北に行くと成谷の集落に繋がり、宝塚市の西谷や猪名川町、川西市、大阪府の能勢町などにも行くことができる。能勢町にある「能勢妙見宮」への参拝をする人たちが通った道でもある。
 
この三叉路と書いてあるが、東にも小さな道があり砥石川と言うところへ出ることもできる。三輪神社の方へ戻って坂道を下っていくと「三輪明神窯史跡園」に行くことができる。ここは、文化文政(1818~30)の頃、三田青磁などが焼かれた窯跡で兵庫県の文化財に指定され保存されているところでもある。

三輪の旧道(2)

The following two tabs change content below.
歴史マニアオヤジ

歴史マニアオヤジ

三田市在住の歴史大好きなオヤジ。最近は遺跡発掘作業に没頭。今までためてきた歴史に関する知識を公開していきます。
この記事を気に入って頂ければシェアのご協力お願いします。
この記事は 6 シェアされています

  関連記事