シュミダス

地域の知りたい情報のポータルサイト

*

三田市と川本幸民のゆかりの地を尋ねて

      2016/09/24   あとで読む

 - あなたの知らない三田市の歴史 , , , , , ,

この記事の所要時間: 155

三田英蘭塾を開いた川本幸民。幸民ビールなるものも誕生

川本幸民
川本幸民(かわもと・こうみん)は、文化7年(1810)三田本町の三田藩医周安の三男として生まれました。主に江戸で活躍しました。晩年三田に戻り三田英蘭塾を開き後輩の指導に当たりました。

この頃は知りませんが、一頃は三田市で「幸民ビール」という物が売り出されていましたが、この人にちなむ物だそうです。なんと現在でも小西酒造から復刻版の幸民ビールが購入できます!下記のリンクをクリックして実際の商品を見てください。

幕末の麦酒 幸民ビール 復刻版

スポンサーリンク

日本で初めて化学という言葉を使った川本幸民

この人は日本ではじめて「化学」という言葉を使ったそうで多くのオランダ語の本を研究し、ビールだけでなく、マッチを日本で始めて作ったり、写真撮影を行ったりしたそうです。

また、三田英蘭塾では、九鬼隆一や元良勇次郎など明治時代に三田で活躍した人々を教育してきたそうです。
詳しくは、三田市立図書館やふるさと学習館などへ行くと資料がいただけるはずです。

この辺りは、古くからの町並みが残っており三田の江戸時代を体験できるのに良いところだと思います。

書道家上田桑鳩の筆になる石碑

書道家上田桑鳩の筆になる石碑三田小学校の隣、三田大池の横には、書道家上田桑鳩の筆になる石碑も残されています。

三田市の最新情報・お得情報をあなたに無料でお届けします

三田市の最新情報・お得情報を無料メールマガジンでいち早く配信しています。こんな方におすすめです。

◆ 三田市のイベント情報を早く知りたい方

◆ お得なクーポン券や割引情報が欲しい方

◆ お店を宣伝して集客したい方

◆ 三田市のブロガー最新記事を早く知りたい方

ご自身のお店を経営されていて集客、宣伝したい方、広告掲載承ります。

無料登録後、お得情報が配信されます。

シュミダス三田市のメルマガに
無料登録してお得情報を受け取る

The following two tabs change content below.
歴史マニアオヤジ

歴史マニアオヤジ

三田市在住の歴史大好きなオヤジ。最近は遺跡発掘作業に没頭。今までためてきた歴史に関する知識を公開していきます。
この記事を気に入って頂ければシェアのご協力お願いします。
この記事は 14 シェアされています

  関連記事