シュミダス

【楽しい事】【おもしろい事】発見ブログ

*

法道仙人によって開基された観福寺(三田市川原)

      2016/09/21   あとで読む

 - あなたの知らない三田市の歴史 , , , , ,

この記事の所要時間: 055

正式名称は光明山観福寺で真言宗大覚寺派の寺院

観福寺本尊は聖観音菩薩で、大化年中 (645~650)の頃、法道仙人によって開基されたと言われている。 

真言宗を開いた弘法大師空海の像が祀られいる

この寺の門は、入母屋造り茅葺きの仁王門で天文17年(1548)年の再建だとされている。門は兵庫県の指定文化財で、仁王像は三田市の指定文化財となっている。仁王像は寄木造で建立の札には「仁王運慶作」と書かれているそうである。

境内には真言宗を開いた弘法大師空海の像が祀られており、その横にはサザンカやモッコクの木が植えられており、これらは高平地区の名木に選ばれているそうである。

縁があり、こちらの寺院内に参詣させていただいたことがあるが、本堂では密教の法具があり数多くの位牌が祀られていて荘厳さを感じることができた。また墓地も広く歴史の古さを感じることができた。

仁王門の横には「板碑」や古い石塔なども祀られており、まさにこの辺りの大きな歴史ポイントである。

観福寺

観福寺の場所

The following two tabs change content below.
パソコン教室ゼロワン店長
兵庫県三田市でパソコン教室ゼロワンを運営中。初心者でも楽しくパソコンで楽しめるようやさしく指導します。パソコン教室ゼロワンの詳しい内容はこちら⇒パソコン教室ゼロワン|兵庫県三田市 LINE@ ID ⇒ @xat.0000131750.iop
この記事を気に入って頂ければシェアのご協力お願いします。
この記事は 11 シェアされています

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事